海外でPayPayは使うには?VPNで利用できるPayPay機能のまとめ

海外でPayPayを利用する

記事内に広告が含まれています。

海外でPayPayは使えないの?VPNを使うと海外でもPayPayが使えるって聞いたけどホント?

残念ながら、日本で利用しているスマホをそのまま海外に持ち込んでもPayPayを使うことはできません。

というよりも、使えるお店がありません。

ただし、VPNサービスを利用すれば、店舗でのQRコード決済以外の機能(オンライン決済やチャージなど)なら問題なく利用できます。

この記事では、VPNを使って海外でPayPayを利用する方法や、実際に利用できる機能を解説します。

この記事を書いた人
  • NTT西日本でMacのサーバ構築やネットワークSEを歴任
  • WiFiやセキュリティを活用したネットワークソリューションが専門
  • 現在は田舎町でフリーランスとして活動中
目次

どうして海外ではPayPayが使えないの?

PayPayに限った話しではありませんが、現在日本で利用できるほとんどのQRコード決済サービスは、海外では使えません。

これは、海外のQRコード決済と日本のQRコード決済との間で仕様の統一化が図られておらず、連携が進んでいないためです。

将来的には、国境を越えて使えるようになると思いますが、現時点では日本国内のみでの利用に限られます。

中国のAliPay(アリペイ)や韓国のKakaoPay(カカオペイ)など一部の海外決済サービスは、日本のPayPay加盟店でも利用できますが、PayPayを海外で使うことはできません。

海外ではPayPayアプリすら開けない

海外では、PayPayでのQRコード決済ができないばかりか、アプリすら開くことができません。

理由は、発信元のIPアドレスを識別して、日本以外からのアクセスを制限しているためです。

IPアドレスとは、インターネット上の住所のようなもので、送信元と送信先を識別するための番号のこと。

アプリを開くと以下のエラーメッセージが表示され、すべての機能が利用できません。

PayPayエラー
PayPayエラー

QRコード決済はもちろん、チャージや残高確認、送金もできません。

海外でPayPayアプリを利用するには

海外でPayPayアプリを利用するには、VPNを使う必要があります。

VPNは、本来ネット利用時のセキュリティ強化やプライバシー保護のためのツールですが、任意の国のIPアドレスが利用できるため、海外からでも日本のIPアドレスが利用できます。

この方法を活用すれば、PayPayの地域規制を回避し、海外からでもPayPayアプリが利用できるようになります。

VPNで利用できるPayPayの機能

VPNを利用してPayPayアプリに接続すれば、ネットショッピングでのオンラインQRコード決済や、残高確認なども問題なく利用できます。

以下は、VPNを使うことで利用できるPayPayアプリの主な機能とサービスです。

PayPayの機能利用可否
店舗QRコード決済
オンラインQRコード決済*
残高照会
チャージ
送金
買い物
取引履歴の確認
VPNで利用できる主なPayPayの機能とサービス

オンライン決済を利用できるのは、PayPayでの支払いに対応しているネットショッピングのみです。

*店舗QRコード決済以外のほとんどの機能やサービスが利用できます。

VPNサービスの利用手順

有料VPN

VPNの申し込みは、オンラインで手続き可能です。日本からはもちろん、海外からも手続きできます。

STEP
VPNサービスの公式サイトにアクセス

まずは、契約したいVPNサービスの公式サイトにアクセスし、申し込みページからメールアドレスやアカウント名などを登録します。

STEP
支払情報など必要事項を入力

希望のプランや契約期間、支払方法などを選択し、支払いに必要な情報を入力します。

手続きは10分程度で完了します。

STEP
専用アプリをダウンロード

申し込み手続き完了後、利用するデバイス(スマホやPCなど)に応じた専用アプリをダウンロードし、申し込み時に設定したログイン情報でサービスにログインします。

STEP
日本のサーバーに接続

接続可能なサーバー(国)の一覧から日本を選択し、VPNに接続します。

STEP
PayPayアプリを起動

PayPayアプリは、日本と同じ使い方で利用できます。

利用するVPNサービスによっては、若干手順が異なる場合もあります。

VPNサービスを選ぶときの注意点

無料VPNは避ける

VPNサービスには無料で利用できるものと有料で利用するものがありますが、できれば有料のVPNサービスを利用しましょう。

無料VPNサービスの中には、サービスの実態が怪しいものや、利用制限がかかっているものも多く、VPN本来のメリットが享受できないばかりか、危険を伴う場合があります。

その点、国内で利用できる有料VPNサービスは、提供会社の信頼性が高く、サポート体制もしっかりしてます。

月額300円程度から利用でき、多くのサービスは返金保証にも対応しています。

利用スタイルにあったサービスを選ぶ

信頼性の高さはもちろんですが、利用スタイルにあったVPNサービスを選ぶことも大切です。

信頼性が高くても、利用しているデバイスで使えなかったり、利用したい国にサーバーがない場合もあります。

海外でPayPayを利用する場合は、日本のサーバーが必須です。

また、日本語によるサポートが受けられないなど期待どおりのサービスが受けられないこともあります。

VPNサービスを選ぶ際は、利用スタイルや利用形態にあったサービスを選ぶようにしましょう。

VPNサービスの選び方や、おすすめのVPNサービスを知りたい方は下記の記事もあわせてご覧ください。

まとめ

まとめ

今回は、VPNを使って海外でPayPayを利用する方法を解説しました。

残念ながら、現時点では日本のQRコード決済をそのまま海外で利用することはできませんが、QRコード決済のグローバル化は着々と進んでいます。

今後は、PayPayをはじめ既存のORコード決済の連携が進み、さらには国境を超えた新しいQRコード決済サービスの登場にも期待したいと思います。

なお、今回紹介したVPNサービスは、地域によるアクセス制限を回避してくれるだけでなく、さまざまなメリットや活用法があります。

VPNの主なメリットや活用法
  • セキュリティ強化
  • プライバシー向上
  • 匿名性の確保
  • 海外限定コンテンツへのアクセス
  • フリーWiFiなどでの活用

ぜひVPNを上手に活用して、安全で快適なネットライフをお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次