VPN接続時のIPアドレスはどうなる?仕組みやメリットを解説!

VPNとIPアドレスの関係性

記事内に広告が含まれています。

VPNに接続するとIPアドレスが変わるって聞いたけどホント!?IPアドレスが変わるとどんなメリットがあるの?

VPNに接続すると、本来のIPアドレスは仮想IPアドレスと呼ばれるまったく別のIPアドレスに置き換わります。

その結果、本来のIPアドレスが隠秘され、個人や位置情報が特定されにくくなります。

また、IPアドレスによる地域制限も回避でき、海外コンテンツへのアクセスも容易になります。

この記事では、VPN接続時のIPアドレスの仕組みや、IPアドレスが変わることのメリットをわかりやすく解説します。

この記事を書いた人
  • NTT西日本でMacのサーバ構築やネットワークSEを歴任
  • WiFiやセキュリティを活用したネットワークソリューションが専門
  • 現在は田舎町でフリーランスとして活動中
目次

IPアドレスの役割

IPアドレス

本題に入る前に、IPアドレスの役割や種類についておさらいしておきます。

IPアドレスはインターネット上の住所

IPアドレスは、パソコンやスマホなどネットワークを利用する機器に割り当てられるインターネット上の住所のようなものです。

IPアドレスがないと、誰にデータを送っていいかわかりませんし、誰に返信していいかもわかりません。

インターネットで通信を行う際は、通信データに発信元のIPアドレス宛先のIPアドレスが自動的に付加されるようになっています。

IPアドレスの送受信イメージ
IPアドレスの通信イメージ

Webサイトの閲覧やメールの送受信はもちろん、SNSや動画ストリーミングなどすべてのインターネット通信で送信元や送信先を識別するために使用される番号がIPアドレスです。

IPアドレスの形式

IPアドレスの形式は、1〜254の数字(8ビット)をドットで区切った4つの区分(32ビット)で表記されます。

IPアドレスの形式
IPv4アドレスの形式


一番左の数字は国のようなもので、大きな地域を特定するために使われます。

右に行くほど、町名や番地など詳細な住所になり、最終的には端末まで特定します。

これらの形式はIPv4と呼ばれ、約43億通りの場所(デバイス)を特定できるようになっています。

IPv4のほかにも、43億の4乗通りの住所を表記できるIPv6という形式があります。ネット回線やプロバイダがIPv6に対応しているなどいくのかの条件もあり、現時点では限定的な利用にとどまっています

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

IPアドレスにはグローバルIPアドレスと、プライベートIPアドレスがあります。

グローバルIPアドレスは、世界共通のユニークなIPアドレスで、インターネット通信ではこのグローバルIPアドレスが使われます。

一方のプライベートIPアドレスは、企業や家庭内の比較的小さなネットワーク内のみで使われるIPアドレスで、自由に利用できる決まりになっています。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスは、使用する範囲があらかじめ決まっています。

自宅でWiFiルーターに接続している場合、利用している端末にはプライベートIPアドレスが割り当てられていますが、インターネット接続時にはグローバルIPアドレスに自動変換されます。

モバイル回線に接続している場合は、直接グローバルIPアドレスが割り当てられます。

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス
グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの使われ方

IPアドレスの割り当て方法と調べ方

IPアドレス

グローバルIPアドレスはISPが割り当てる

通常グローバルIPアドレスは、インターネットに接続するたびに契約しているISP(インターネット・サービス・プロバイダ)から自動的に割り当てられます。

各プロバイダは、世界中のIPアドレスを管理しているICANN(アイキャン)から、地域単位のIPアドレスを管理するNIC(ニック)を通して、必要分のIPアドレスを事前に取得します。

各プロバイダは、利用者からの接続要求の都度、個別のIPアドレスを利用者に割り当てます。

IPアドレスの割り当て方
IPアドレスの割り当て方

IPアドレスは、本来インターネットに接続するたびに動的に変更しますが、利用しているネット回線によっては、一定期間同じIPアドレスが割り当てられることもあります。

プライベートIPアドレスはルーターが割り当てる

家庭内のネットワークで利用するプライベートIPアドレスは、WiFiルーターやHGWなどの通信機器が自動的に割り当てます。

各端末ごとに手動で設定することもできますが、ほとんどの家庭用ルーターではDHCP機能によって自動的に割り当てるよう初期設定されています。

DHCP機能とは、ネットワークに接続するコンピュータに、IPアドレスなど必要な情報を自動的に発行する機能のこと。

IPアドレスの調べ方

グローバルIPアドレスを確認する

現在割り当てられているグローバルIPアドレスを調べるには、無料の専用Webサイトを利用すると便利です。

パソコンやスマホからも確認はできますが、ブラウザでルータにアクセスする必要があり、手間がかかります。

また、モバイル回線でインターネットに接続している場合は、デバイスでは確認できないこともあります。

その点、IPアドレスを確認できる専用Webサイトなら、ブラウザからアクセスするだけで簡単に確認できます。

IPアドレスドットコムなら、IPv4アドレスをはじめ、位置情報なども確認することができます。

下記は、IPアドレスドットコムで確認した際の表示内容です。

IPアドレスドットコム
IPアドレスドットコムを利用した確認画面


IPアドレス以外にも、以下の情報を確認できます。

IPアドレスドットコムで確認できる情報
  • IPアドレス(IPv4)
  • IPアドレスを使っている場所
  • IPアドレス(IPv6)
  • ネット回線事業者

プライベートIPアドレスを確認する

自宅のWiFiに接続している状態で、iPhoneやPCなどの設定画面からWiFi情報を確認すると、端末に割り当てられたプライベートIPアドレスがわかります。

下記は、iPhoneの設定からWiFiの情報を表示したものです。

IPアドレスの項目が、割り当てられたプライベートIPアドレスとなります。

iPhoneでのIPアドレス確認画面
(例)iPhoneでのIPアドレス確認画面

IPアドレスを知られることの危険性

一般的なインターネットの利用シーンにおいて、IPアドレスを知られるリスクはそれほど高くはありません。

アダルトサイトなどを閲覧しているときに、

あなたのIPアドレスはXXX.XXX.XXX.XXXです。

といった警告でドキッとした方もいるかもしれませんが、これはあたかも個人を特定しているかのように見せかけているにすぎません。

不安を煽ることで、不正請求や連絡を要求することが目的です。

では、IPアドレスがバレることの危険はまったくないかというと、そうとも言い切れません。

IPアドレスを知られてしまうことで、以下のようなリスクがあります。

ある程度の地域はわかってしまう

IPアドレスだけで、詳細な住所を特定されることはありませんが、ある程度の位置情報(町名レベル)は知られてしまうことがあります。

あなたのIPアドレスは、〇〇県〇〇市〇〇町で使用されています。

フィッシング詐欺の危険性が高まる

Googleなどで検索した商品が、SNSなどの広告で頻繁に表示された経験がある方も多いと思います。

これは、利用者のIPアドレスやアクセスしたページのURL、閲覧したコンテンツ、検索したキーワード、クリックした広告などの情報を元に、利用者のニーズにマッチする広告をあえて表示しているためです。

悪意のあるサイトがこれらの仕組みを利用すると、意図しないサイトへ誘導したり、フィッシング詐欺を誘引することにつながります。

攻撃対象となる可能性がある

悪意のあるユーザーにIPアドレスを知られてしまうと、それを利用してセキュリティ攻撃を受ける可能性があります。

具体的には、DoS(Denial of Service)攻撃などがあります。

DoS攻撃とは、相手のコンピュータやネットワークに意図的に過剰な負荷をかけたり、脆弱性をついたりすることでサービスを妨害する攻撃手法のこと。

個人がターゲットになることはほとんどありませんが、企業や公的機関などは注意しておく必要があります。

接続先のサーバーやISPには履歴が残る

発信元のPアドレス情報は、アクセスしたサーバーではログ情報としてアクセス履歴が残ります。

また、利用しているISP(OCNやぷらら、BIGLOBEなど)やモバイルキャリア(ドコモ、au、ソフトバンクなど)でも、通信履歴として残ります。

とはいえ、IPアドレスは電気通信事業法の「通信の秘密」に該当するため、ISPなどが無許可で公開することはありません。

これらの情報は「プロバイダ責任制限法」に基づき、発信者情報の開示請求命令があった場合のみ開示されます。

VPNに接続するとIPアドレスは変わる

IPアドレス

VPNに接続すると、IPアドレスはサーバーが設置されている国のIPアドレスに置き換わります。

例えば、アメリカのサーバーに接続すると、アメリカ国内で管理するIPアドレスが割り当てられ、中国のサーバーに接続すると、中国国内で管理するIPアドレスが割り当てられます

新たに割り当てられたIPアドレスは仮想IPアドレスと呼ばれ、本来のIPアドレスを隠秘することにつながります。

VPN接続時のIPアドレス変換イメージ

VPNでIPアドレスを変更するメリット

メリットとデメリット

プライバシーや匿名性が向上

IPアドレスを意図的に変更できるようになると、プライバシーや匿名性が大幅に向上します。

本来のIPアドレスは、トンネリングや暗号化によって隠秘されるため、個人の特定が難しくなるばかりか発信元の位置情報もわからなくなります。

また、ISP側でも監視ができなくなるため、ネット利用時の行動履歴を第三者に知られることもなくなります。

ジオブロックの回避

ジオブロック(ジオブロ)とは、コンテンツ保持者が、コンテンツに対する権利を持つ特定の地域以外に対し、視聴制限をかけて視聴できないようにする措置のことです。

多くの場合、発信元のIPアドレスによって制限を行なっています。

動画配信サービスで映画やテレビ番組を視聴しようとした際に、以下のような警告が表示された方もいるのではないでしょうか。

視聴制限
ジオブロックによる警告メッセージ


これは、ジオブロックにより視聴が制限されたコンテンツということです。

コンテンツ視聴の権利を持つ国のサーバーに接続し、その国のIPアドレスが割り当てられると、ジオブロックを回避することができます。

ジオブロックを回避できれば、日本にいながら海外限定のコンテンツにアクセスできるようになります。

VPNサービスを選ぶ際の注意点

注意点

信頼性の低い無料VPNは避ける

すべての無料VPNサービスが悪いというわけではありませんが、中には会社実態やプライバシーポリシーが不明なサービスもあります。

信頼性が低いVPNサービスを利用すると、プライバシーが保護されないばかりか、広告トラッキングなどに悪用されることもあります。

広告トラッキングとは、利用者がサイト内でどこを閲覧しているのかを追跡、分析し、意図しない広告を強制的に表示させること。

できるだけ、信頼性の高い有料VPNサービスを選ぶようにしましょう。

サーバー数が豊富なVPNを選ぶ

ロケーションやサーバー数が多いVPNサービスを選ぶことも重要なポイントです。

ロケーションやサーバー数が多ければ、さまざまな国のIPアドレスが使えるのはもちろん、ジオブロックを回避できる地域も増えます。

また、サーバーの負荷分散にもつながるので、より安定した通信が可能になります。

国産のMillen VPNなら安心

日本企業が運営するMillenVPNなら、世界72ヶ所に1,300台以上のサーバーを設置しており、世界各国のあらゆる国のIPアドレスが利用できます。

セキュリティレベルの高さはもちろん、閲覧履歴などを記録しないノーログポリシーを採用しており、匿名性の高い通信が利用できます。

また、海外のVPNサービスにはない完全日本語対応で、Webサイトはもちろん、ヘルプメニューやカスタマサポートもすべて日本語に対応しています。

はじめてVPNを利用する人や、安心してVPNを使いたいという方にはトクにおすすめです。

\30日間返金保証で安心/

まとめ

まとめ

今回の記事では、VPN接続時のIPアドレスの仕組みや、IPアドレスが変わるメリットを紹介しました。

IPアドレスを意図的で変更できるようになると、ネット利用時のプライバシーや匿名性が格段に高くなります。

しかし、それをいいことにネットに誹謗中傷を掲載したり、法を犯すような行為は絶対にしてはいけません。

VPNは、ネット利用時のセキュリティとプライバシーを守ってくれる強力なツールであり、頼もしい相棒です。

是非とも、正しい使い方で安全で快適なネットライフをお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次