海外旅行でスマホを使うにはどうするの?海外での安全で快適なスマホの使い方

海外旅行でのスマホの使い方

記事内に広告が含まれています。

今度海外旅行に行くんだけど、スマホは日本と同じように使えるの?必要なものや注意点があれば教えて!

日本で使っているスマホは海外でも利用できますが、事前に現地での通信手段を確保しておく必要があります。

また、中国などのネット規制が厳しい国では、普段利用しているアプリやSNSが使えないこともあるので、規制を回避するための対策も必要です。

この記事では、海外旅行時にスマホを安全で快適に使う方法をわかりやすく解説します。

この記事を書いた人
  • NTT西日本でMacのサーバ構築やネットワークSEを歴任
  • WiFiやセキュリティを活用したネットワークソリューションが専門
  • 現在は田舎町でフリーランスとして活動中
目次

海外旅行でスマホを利用する方法

海外旅行時にスマホを使うためには、現地での通信手段を確保しておく必要があります。

ahamoやauなど日本キャリアのスマホは、そのままでは海外で利用できません。

渡航の前に、以下のいずれかの方法で通信手段を確保しておきましょう。

  • 海外用WiFiルーターをレンタルする
  • 海外ローミングを利用する
  • 海外で使えるSIMを購入する

海外用WiFiルーターをレンタルする

海外でスマホを使う際にもっとも手軽なのが、現地で使えるWiFiルーターをレンタルする方法です。

現地回線に対応したWiFiルーターを携行していれば、WiFiルーターを介してネットに接続できます。

わずらわしい設定も不要で、自宅のWiFiを使う感覚で利用できます。

WiFiルーターは携帯性にすぐれたポータブル型なので、持ち運びにも便利です。

1台のルーターを家族や仲間で共有できるので、少人数での旅行にもおすすめです。

メリットデメリット
設定が簡単
複数人でシェア可能
複数人で使えば割安
ルーターの持ち運びが必要
充電が面倒
通信が遅いことがある
海外用レンタルWiFiならグローバルWiFiがおすすめ

レンタルWiFiルーターで定評があるグローバルWiFiなら、業界最多クラスの88の国と地域で高速通信の4G-LTEサービスを利用できます。

1日あたりのデータ容量が1GB使える大容量プランもあり、データ量を気にせず利用できます。

ルーターも受け取りや返却が空港でもできるので、手軽に利用することができます。

海外旅行にはとてもおすすめのレンタルWiFiサービスです。

海外ローミングを利用する

ルーターの持ち運びが面倒という方は、海外ローミングを利用する方法もあります。

海外ローミングとは、スマホキャリアと提携している海外の通信回線を使って通信を行う方法です。

利用にあたっては、契約しているモバイルキャリアに追加申込みが必要な場合があります。

追加料金なしで利用できるプランもありますが、そもそも海外ローミングに対応していないプランもあります。

まずは自分が契約しているプランが、海外ローミングに対応しているかどうかチェックしてみましょう。

メリットデメリット
スマホだけで利用できる
無料で使えるキャリアもある
比較的通信速度が速い
使えないプランもある
個人ごとに申し込みが必要
料金が割高になることもある

海外で使えるSIMを購入する

もうひとつの方法は、海外で使えるSIMを購入する方法です。

SIMとは、モバイル回線を使うために必要なICチップが付いたカードのことで、すべてのスマホに内臓されています。

抜き差し可能なSIMカードと、スマホを操作して情報を書き換えるeSIMがありますが、個人的にはeSIMがおすすめです。

理由は、これからの主流は間違いなくeSIMであり、カードの物理的なやりとりも不要だからです。

SIMカードは家電量販店やネットでも購入できますが、eSIMならオンラインで購入・設定することも可能です。

どちらの場合も、SIMロック解除が必要です。各キャリアのショップやウェブサイトで解除手続きが可能です。

メリットデメリット
スマホだけで利用できる
他の方法より通信速度が速い

SIMの差し替えや設定が必要
個人ごとに申し込みが必要
料金が割高になることもある

中国などのネット規制に注意

通信手段が確保できれば、ほとんどの国では日本と同じようにスマホを利用できます。

ただし、中国などのネット規制が厳しい国では、ネットに接続しただけでは普段利用しているアプリやサービスは利用できません。

ここでは中国を例に、ネット規制の現状と規制を回避する方法を紹介します。

中国政府による厳しいネット規制と検閲

中国では当局によるネット規制や検閲が厳しいため、その利用が大きく制限されます。

日本で当たり前に利用しているサービスへのアクセスがブロックされたり、遅延されたりすることが普通に起こります。

中国で利用が制限されている主なサービス
  • LINE
  • X(旧Twitter)
  • Youtube
  • FaceBook
  • Instagram
  • Google

また、政治的なコンテンツや敏感なトピックに関連する情報も厳しく検閲されています。

中国以外でも、以下の国では同様のネット規制があります。渡航する際は、最新の現地情報を確認しておくようにしましょう。

  • ロシア
  • 北朝鮮
  • イラン
  • サウジアラビア
  • トルクメニスタン
  • エリトリア

ネット規制や検閲を回避する方法

海外用レンタルWiFiルーターやの海外ローミングの中には、ネット規制を回避できるものもありますが、海外用SIMなど多くのサービスでは、VPNサービスを使って規制や検閲を回避する対策が必要です。

そもそもVPNは、ネットを利用する際のセキュリティやプライバシーを保護してくれるツールですが、ネット検閲を回避することもできます。

専用のアプリをインストールしたデバイスから海外のサーバーに接続し、あたかも中国以外からのアクセスであるかのように振る舞うことで規制や検閲を回避します。

ネット規制が回避できれば、日本で使うときと同じようにSNSやWebブラウジングが利用できます。

海外旅行におすすめのVPNサービス

個人向けVPNサービスは、1年契約や2年契約などのサブスク型の契約がほとんどです。

しかし、MillenVPN のワンタイムプランなら最低7日間から利用することができます。

中国での利用実績も多く、使い方もとても簡単なので短期での海外旅行や海外出張にも最適です。

7日プラン15日プラン30日プラン
7日プラン15日プラン30日プラン
580円
(税別)
980円
(税別)
1,580円(税別)
同時接続
10台まで
同時接続
10台まで
同時接続
10台まで
MillenVPNのワンタイムプラン

いずれのプランも中国で利用できますが、専用アプリでは利用できないこがあります。その際は「MillenVPN Native OpenConnect」を利用すれば問題なく使えます。

MillenVPNの評判や使い方は、下記の記事を参考にしてください。

まとめ

まとめ

不慣れな海外で快適にスマホを利用するためには、入念な準備が不可欠です。

また、日本と比べ安全性が低い国も多いので、安全性を確保することも大切です。

場合によっては、クレジットカードなどの個人情報が漏洩し、金銭的な被害を被ることもあります。

VPNなどを上手に利用して、安全で快適な海外旅行をお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

CAPTCHA


目次