iPhoneにセキュリティ対策ソフトは必要?ウィルスに感染しないの?

iPhoneにセキュリティソフトは必要か

記事内に広告が含まれています。

iPhoneは安全なスマホって聞くけどセキュリティソフトはいらないの?セキュリティソフトがなくてもウィルスに感染したりしないの?

iPhoneは比較的安全なスマホといわれており、セキュリティソフトがなくても大きな問題はありません。

ただし、使い方によっては有効な機能もありますので、利用スタイルにあわせて利用するのもいいでしょう。

この記事では、ウィルス対策ソフトの役割や、iPhoneが安全といわれている理由などをわかりやすく解説します。

この記事を書いた人
  • NTT西日本でMacのサーバ構築やネットワークSEを歴任
  • WiFiやセキュリティを活用したネットワークソリューションが専門
  • 現在は田舎町でフリーランスとして活動中
目次

セキュリティ対策ソフトの役割と機能

まずは、セキュリティ対策ソフトの役割と機能をおさらいしておきましょう。

セキュリティ対策ソフトウェアは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスを悪意ある脅威から守るためのツールです。

ひと昔前までのセキュリティ対策ソフトは、ウィルススキャンと駆除が主な機能でしたが、最近はフィッシング詐欺などさまざまな脅威にも対応できるようになっています。

以下では、セキュリティ対策ソフトの具体的な機能とそれぞれの仕組みを解説します。

ウイルス対策(アンチウイルス)

具体的な機能

ウィルス対策は、パソコンやスマートフォンに侵入し、悪意ある操作を行うウイルスやマルウェアからデバイスを保護します。

仕組み

独自の定義ファイルと分析機能を使って、既知のウイルスや新しい脅威を検知します。リアルタイムでファイルやプログラムをスキャンし、不正な活動を防ぎます。

ファイアウォール

具体的な機能

ファイアウォールは、ネットワーク上での通信を監視し、不正なアクセスや攻撃からデバイスやネットワークを保護します。

仕組み

ポートやプロトコルの制御、パケットフィルタリング、不審トラフィックの検知などの手法で、利用者が設定したルールに基づいて通信を制限またはブロックします。

スパイウェア対策

具体的な機能

スパイウェアは、デバイス内の情報を収集し、不正に送信する悪意あるソフトウェアです。スパイウェア対策は、これらのプログラムから情報を保護します。

仕組み

ファイルやレジストリの変更を監視し、不審な挙動を示すプログラムを検出して削除します。リアルタイムな保護と定期的なスキャンが行われます。

フィッシング対策

具体的な機能

フィッシング詐欺は、偽のウェブサイトに誘導し、利用者の個人情報を詐取しようとする詐欺行為です。フィッシング対策はこれを防ぎます。

仕組み

不審なリンクやメールを検知し、ユーザーに警告を発することで、詐欺的なサイトへのアクセスを阻止します。URLフィルタリングやコンテンツの比較などが利用されます。

不正アクセス防止

具体的な機能

不正アクセス対策は、不正なユーザーまたはプログラムからの侵入を防ぎ、データやリソースを守ります。

仕組み

強力な認証手段やアクセス制御機能を実装し、不正なアクセスを検知した場合は即座に対応します。ログの監視や異常なアクティビティの検知なども行います。

データ暗号化

具体的な機能

データ暗号化は、保存されたデータや通信データを暗号化して、不正アクセスから情報を保護します。

仕組み

暗号化キーを使用してデータを変換し、認証されたユーザー以外はデータを理解できないようにします。通信暗号化やディスク暗号化などが一般的です。

iPhoneが安全といわれる理由

iPhoneは比較的安全なスマホといわれていますが、それにはいくつかの理由があります。

ここでは、iPhoneが安全とされる理由を紹介します。

端末とOSを一元開発

iPhoneは、ハードウェアをはじめOS(オペレーティングシステム)の設計から製造までをApple1社で担っています。

ハードウェアとソフトウェアを別々に開発すると、どうしてもセキュリティの整合性がとれなかったり、エアポケット的な欠陥が生じる可能性が高くなります。

しかし、iPhoneではこれらを一元的に開発することで、一貫した操作性やセキュリティを実現しています。

専用のセキュリティチップ

iPhoneには「Secure Enclave」と呼ばれる専用のセキュリティチップが搭載されています。

このチップは、指紋データや顔認証データなどの重要なユーザーデータを安全に保存し、外部からのアクセスを防ぐ役割を果たしています。

Touch IDとFace ID

iPhoneは、標準機能としてTouch ID(指紋認証)や、Face ID(顔認証)などの生体認証技術を搭載しています。

この機能より、通常のパスコードよりも高度なセキュリティが提供され、他者による不正なアクセスを防ぎます。

App Storeの厳格な審査プロセス

iPhoneで利用できるアプリは、App Storeを通じてのみダウンロードできます。

AppleはApp Storeでのアプリ審査を通じて、セキュリティ上の問題を検知し、不正なアプリの流通を防いでいます。

この仕組みのおかげで、利用者は信頼できるアプリのみを利用できるようになります。

暗号化とプライバシー保護

iPhoneは端末に保存するデータを暗号化し、セキュリティを向上させています。

万が一端末を紛失した場合でも、外部からのアクセスを難しくしています。

また、Appleはプライバシーの保護を特に重要視しており、ユーザーデータを収集・利用する際には厳格な方針を採用しています。

このほかにも、定期的なセキュリティアップデートを通じて、新たに発見された脅威や脆弱性に対処しています。

iPhoneにセキュリティソフトは不要?

なくても危険性は低い

ここまで紹介したように、ウィルス対策ソフトは、さまざまな脅威からパソコンやスマートフォンなどのデバイスを守ってくれる頼もしいツールです。

しかし、iPhoneでは標準装備している機能も多く、そもそもウィルスなどに感染しにくい仕組みになっています。

とくにiPhoneで利用するアプリは、App Storeで厳格に審査、管理されているため、ウィルスやマルウェアなどに感染するリスクはほとんどないといえます。

過去にもAppStoreからダウンロードしたアプリでウイルス感染したという報告もありません。

また、大手モバイルキャリアのSoftBankでさえも「iPhoneにはウィルス対策は不要」と公式サイトでアナウンスしています。

ソフトバンクサポートページ
引用:ソフトバンク公式サポートページ

このように、iPhoneは多くのセキュリティリスクを標準機能で未然防止しています。日常利用においては、市販のセキュリティソフトは不要といえるでしょう。

利用スタイルによっては安心な機能も

セキュリティ対策ソフトには、新たな脅威に対処するためのリアルタイムのスキャンや、フィッシング詐欺の防止などiPhoneにはない機能もあります。

スマホやネット利用が苦手なお年寄りやお子さんが利用するのであれば、フィッシング詐欺対策の機能があれば安心して持たせられますし、万が一の備えにもなります。

また、最近ではネット利用時の通信を暗号化するVPN機能を備えた製品もあります。

ネット利用がメインなら、それらを活用するのもいいと思います。

まとめ

まとめ

今回は、ウィルス対策ソフトの役割やiPhoneが安全といわれている理由などを解説しました。

スマホやネットが生活必需品となった現在、スマホ利用時のセキュリティ確保やプライバシーの保護は、自宅のセキュリティ対策と同じくらい大切です。

とくにインターネットは、不特定多数の人や情報とつながることができるため、危険性はさらに高まります。

被害に遭ってから、はじめてセキュリティ対策の重要性に気づくのでは遅いのです。

ぜひ先手先手の対策で未然防止に努め、安全で快適なネットライフをお楽しみください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次