スマホでネットバンキングを利用する場合の危険性と安全な使い方

スマホでネットバンキングする危険性

記事内に広告が含まれています。

毎日忙しい人にとって、ネットバンキングはとても便利なサービスですが、セキュリティに気を付けないと、個人情報の漏洩や不正な送金などのリスクを伴います。

総務省でも、昨今のフィッシング詐欺や不正アクセスの増加を受け、ネットバンキング利用にあたっての注意喚起を行なっています。

この記事では、総務省の注意喚起内容も踏まえつつ、スマホでネットバンキングを利用する際の危険性や、安全に利用するためのポイントをわかりやすく解説します。

この記事を書いた人
  • NTT西日本でMacのサーバ構築やネットワークSEを歴任
  • WiFiやセキュリティを活用したネットワークソリューションが専門
  • 現在は田舎町でフリーランスとして活動中
目次

ネットバンキングの危険性と注意点

ウイルスやマルウェアの脅威

スマホに悪意のあるプログラムが侵入すると、ネットバンキングを利用する際にさまざまな悪影響が生じる可能性があります。

特に悪質で、影響が大きい事例を3つ紹介します。

個人情報の盗難

ウイルスやマルウェアがスマホに侵入すると、利用者の個人情報が盗まれる可能性があります。これにはネットバンキングのログイン情報や取引履歴なども含まれます。

不正な取引や送金

攻撃者が利用者のネットバンキングアカウントにアクセスできるようになると、不正な取引や送金が行われる可能性があります。最悪の場合、預金が不正に引き出されることがあります。

SMSや電話を利用したフィッシング攻撃

ウイルスやマルウェアがスマホに感染すると、SMSや電話を通じてユーザーに偽の銀行情報やリンクを送信し、フィッシング攻撃を仕掛けることがあります。利用者がこれに引っかかると、詐欺に巻き込まれる可能性があります。

不正アクセスとパスワードの管理

ネットバンキングへの不正アクセスから身を守るためにも、強力なパスワードを作成し、定期的に変更するようにしてください。

また、同じパスワードを複数のサービスで使い回さないようにすることも大事です。

フリーWiFiの危険性

駅や空港、ホテルなどに設置されたフリーWiFiは、利便性が高い一方で、セキュリティが弱いことがあります。

セキュリティが脆弱だと、通信内容が読み取られてしまう可能性があります。

できれば、フリーWiFiスポットではネットバンキングの利用は避けるか、VPNサービスを利用するなどして安全な接続を確保しましょう。

安全に利用するためのおすすめ対策

公式アプリの利用とアップデート

スマホでネットバンキングを利用する場合、Webブラウザを利用する方法と公式アプリを利用する方法がありますが、できれば公式アプリを利用するようにしましょう。

銀行の公式アプリを利用することで、セキュリティが強化されます。

また、最新のバージョンにアップデートすることで新たなセキュリティ機能が追加されます。

強力なパスワードの作成と管理

複雑なパスワードを作成し、定期的に変更することで、アカウントを安全に保つことができます。

内閣サイバーセキュリティセンターが発行する「インターネットの安全・安心ハンドブック」によると、ログイン用パスワードは、英大文字小文字と数字や記号の組み合わせで10桁以上が安全だとされています。

また、パスワードマネージャーを利用するのも一つの方法です。

パスワードマネージャーは、ログイン情報を暗号化された領域に保存し、複雑なパスワードを生成できるアプリケーションです。

パスワードマネージャーを利用すると、次のようなメリットがあります。

  • パスワードを覚える必要がない
  • ログインがスムーズになる
  • 個人情報をモニタリングできる

パスワードマネージャーのアプリはいろいろありますが、ブラウザの機能として利用できるGoogleパスワードマネージャーが便利です。

パスワードの使い回しや、脆弱なパスワードを警告してくれる機能もあります。

利用にあたっては、お使いのスマホにChromeアプリをインストールする必要があります。

Android、最初からインストールされていますが、iPhoneはApp storeからインストールしてご利用ください。

App Soreボタン

パスワードマネージャーの利用方法は以下のとおりです。

iOSの場合
  1. iPhone または iPad で Chromeアプリを開きます。
  2. その他アイコン [パスワード マネージャー] をタップします。
  3. [パスワードを追加] をタップします。
  4. ウェブサイト、ユーザー名、パスワードを入力します。
  5. [保存] をタップします。
Androidの場合
  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Chromeアプリを開きます。
  2. 右上のその他アイコン をタップします。
  3. [設定] [パスワード マネージャー] をタップします。
  4. 検索バーの右にある追加 …
  5. ウェブサイト、ユーザー名、パスワードを入力します。
  6. 右上の [保存] をタップします。

アカウント名やパスワードを確認したり編集する際は、Chromeを開き、パスワードマネージャー画面から該当の保存情報を開きます。項目をタップすればコピーすることもできます。

SSL通信の確認

Webブラウザでネットバンキングを利用する際は、SSL通信を利用しているかどうか確認するようにしてください。

SSL通信は、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み。クレジットカード番号などの個人情報を取り扱うWebサイトで、これらの情報が盗み取られるのを防止するために広く利用されています。

SSL通信かどうかは、ブラウザのアドレスバーにロックアイコンが表示されているかどうかで確認することができます。

SSL通信
SSL通信の確認

2段階認証の活用

最近は2段階認証を採用している金融機関が増えています。

2段階認証を有効にすることで、不正アクセスのリスクを軽減できます。セキュリティを向上させるために積極的に活用するようにしましょう。

2段階認証とは、ログインアカウントをセキュリティで保護するために、パスワードとそれ以外の方法を併用してログイン認証する仕組みのことです。最も利用されている方法は、スマホに認証用コードを送信し、パスワードとセットで入力させる方法です。

VPNサービスの活用

VPNサービスは、インターネット利用時のセキュリティ向上やプライバシー保護のためのツールです。

通信時のデータを暗号化するることで、万が一不正なアクセスがあった場合でも、データ内容が解読しにくくします。

また、インターネット上の住所であるIPアドレスも隠されるため、匿名性の高い通信を確保することができます。

特にフリーWiFiなど、セキュリティが脆弱な場所では必須のツールです。

月額数百円から利用できるので、ネット利用全般のセキュリティを高めたい方にもおすすめです。

まとめ

まとめ

ネットバンキングはスマホでも安全に利用できますが、そのためには十分なセキュリティ対策が必要です。

公式アプリの利用や強力なパスワードの設定、セキュアなVPN接続の利用など、これらのポイントを抑えて安心してオンライン取引を利用してください。

セキュリティは日々進化していますので、最新の情報を日常的にチェックし、安全なネットバンキングを心がけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次