Private Internet Access(PIA VPN)の特徴や使い方を徹底解説!

Private Internet Access

記事内に広告が含まれています。

Private Internet AccessのVPNサービスってどんな特徴があるの?誰でも簡単に使える?

Private Internet Accessは、高度なセキュリティと透明性の高いプライバシー保護が特徴で、エントリーユーザーでも安心して利用できるVPNサービスです。

この記事では、Private Internet Accessのサービスの特徴や基本的な使い方、カスタマイズ方法までわかりやすく解説します。

また、実際に使ってみた感想もまとめていますので、利用を検討中の方は是非参考にしてください。

この記事を書いた人
  • NTT西日本でMacのサーバ構築やネットワークSEを歴任
  • WiFiやセキュリティを活用したネットワークソリューションが専門
  • 現在は田舎町でフリーランスとして活動中
目次

Private Internet Accessとは

Private Internet Access(PIA VPN)は、アメリカに本社を置くグローバルなVPNサービスです。

10年を超える老舗VPNキャリアで、世界各国で3,000万件以上のダウンロード実績を誇ります。

完全オープンソースのアプリで高い透明性を確保しており、とりわけプライバシー保護を重要視するユーザーから高い人気があります。

オープンソースとは、ソフトウェアを構成するプログラムを無償で一般公開すること。不正プログラムや脆弱性を発見しやすく、発見した場合すぐに修正できるなどのメリットがある。

PIA VPNの特徴

暗号化方式AES-256
AES-128
ノーログポリシー
対応プロトコルOpenVPN
WireGuard
IKEv2*
(*モバイルデバイスのみ)
サーバ数25,000台以上
ロケーション91カ国
対応デバイスWindows
MacOS
iOS
Android
Chrome
Firefox
Linux
Opera
同時接続台数無制限
サポートメール/チャット
(24時間年中無休)
価格259.71円〜
(+2ヶ月無料)
日本語対応サポートは未対応
返金保証30日間返金保証
Private Internet Accessの主なサービススペック

オープンソースの透明性

Private Internet Accessは、100%オープンソースのVPNアプリを提供しています。

完全な透明性を保つことを理念としており、VPNクライアントのソースコードも公開されています。

高度な暗号化方式とプロトコルに対応

Private Internet Accessは、金融機関レベルの高度な暗号化方式であるAES-256と、AES-128を採用しています。

また、OpenVPNWireGuard®などの信頼性の高いオープンソースのVPNプロトコルで、高い安全性を実現しています。

独立監査機関が認めたノーログポリシー

VPNの信頼性を判断する上で重要なのが、ノーログポリシーを採用しているかどうかです。

ノーログポリシーとは、利用者のウェブ閲覧履歴やIPアドレスなどの記録を保存しないという約束事で、多くの有料VPNサービスで採用されています。

Private Internet Accessでは、このノーログポリシーの信頼性調査を独立した監査機関に委託しており、その実行性が証明されています。

ノーログポリシーを謳っていても、実行性が伴っていないVPNサービスもあります。

豊富なサーバーロケーション

Private Internet Accessは、世界91ヶ国に25,000台を超えるサーバーを保有しています。

これらは、世界トップクラスのVPNにもまったく引けを取らないスペックです。

もちろん帯域幅も無制限で利用でき、高速で安定した接続環境を提供しています。

同時接続台数が無制限

Private Internet Accessなら、Windows、macOS、Android、iOS、Linuxなど、あらゆるデバイスで利用できます。

また、無制限のデバイスから同時接続が可能です。

リーズナブルな料金設定

Private Internet Accessの利用料金は、とてもリーズナブルです。

国内で利用できる他のVPNと比較しても、最も安価な価格設定となっています。

VPNサービス月額料金
Private Internet Access259.71円〜
※2年プランの場合
NordVPN600円〜
※2年プランの場合
Surfshark358円〜
※2年プランの場合
CyberGhost300円〜
※3年プランの場合
ExpressVPN967円〜
※1年プランの場合
MillenVPN396円〜
※2年プランの場合
主要VPNサービスとの料金比較

30日間の返金保証

Private Internet Accessには、30日間の返金保証がついています。

万が一利用スタイルにあわなかったり、思うようなサービスが受けられないときは、購入日より30日以内にカスタマーサポートに連絡すれば実質無料で解約できます。

最先端のセキュリティ機能

Private Internet Accessなら、最先端のセキュリティ機能を標準で利用することができます。

Private Internet Accessの主なセキュリティ機能
広告ブロック

DNSベースの広告ブロッカー「MACE」を使えば、オンライン広告やトラッカー、マルウェアから大切なデバイスを保護します。

キルスイッチ

キルスイッチ機能を有効にすれば、VPN接続が突然切断されてもデータが漏洩することはありません。

スプリットトンネリング

VPNを経由するアプリと、経由しないアプリを自由にカスタマイズすることができます。

主要なストーリンミングサービスに対応

Private Internet Accessのアプリは、NetflixやDisney+、Huluなど主要なストリーミングサービスに対応しています。

日本をはじめ世界中どこからでも、豊富なコンテンツにアクセスできます。

また、すべてのサーバーがトレントを代表とするP2Pファイル共有にも対応しています。

利用スタイルにあわせたカスタマイズが可能

Private Internet Accessのアプリは、利用スタイルにあわせてさまざまなカスタマイズが可能です。

  • 暗号化方式
  • 通信プロトコル
  • ネットワーク
  • 自動接続
  • キルスイッチ
  • スプリットトンネル
  • マルチホップ

など、接続方法やネットワーク、構成設定を完全にコントロールすることができます。

24時間年中無休の専門家サポート

Private Internet Accessでは、24時間年中無休のサポートを行なっています。

スタッフは専門的な知識を有しており、あらゆるトラブルに対応してくれます。

PIA VPNの利用料金

Private Internet Accessの月額料金は、契約期間により異なります。

継続利用予定の方には、割引率83%の2年プランがおすすめです。

すべてのプランで、ウィルス対策専用IPのオプション利用が可能です。

2年プラン
+4ヶ月無料
6ヶ月プラン1ヶ月プラン
月額料金259.71円920円1,480円
割引率83%38%
ウィルス対策(OP)+175円+335円+550円
専用IP(OP)+375円+640円+750円
Private Internet Accessの月額料金(2024年2月現在)

PIA VPNの利用手順

Private Internet Accessは、公式サイトで利用プランを選択し、専用アプリをダウンロードするだけで利用できます。

具体的な手順は以下のとおりです。

申し込み手順

STEP
申し込みページへアクセス

公式サイトにある「PIA VPNを入手」のボタンをクリックし、申し込みページにアクセスします。

STEP
料金プランを選択

希望の料金プランを選択します。

STEP
支払いオプションを選択

利用料金を確認し、オプションサービスを希望する場合は、該当のサービスを選択します。

希望の支払方法のプルダウンボタンをクリックし、必要事項を入力します。

STEP
申し込みを完了

必要事項をすべて入力したら、申し込みを完了します。

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに登録完了メールが届きます。

\30日間の返金保証で安心/

専用アプリのダウンロード方法

Private Internet Accessのアプリは、登録完了後に届くメールに記載されたURLからダウンロードできます。

また、公式サイトのダウンロードページやGoogle Play、App Storeからもダウンロード可能です。

専用アプリの使い方

STEP
ログインを選択

はじめてアプリを起動すると、以下の画面が表示されます。画面下の「ログイン」を選択します。

STEP
ユーザー名とパスワードでログイン

登録完了メールに記載された「ユーザー名」と「パスワード」を入力し、ログインします。

STEP
VPN構成ファイルへのアクセスを許可

VPN構成ファイルへのアクセスを許可するための確認画面が表示されます。

「OK」をタップし、次に進みます。

その後、いくつか許可を求める画面が表示されますので「許可する」を選択します。

STEP
VPNに接続する

ここまでで、VPN接続に必要な基本的なセットアップは完了しています。

カスタマイズせずに、とりあえずVPNに接続する場合は、画面上のONボタンのアイコンをタップします。

接続先のサーバーを変更する場合は、クイック接続から選択するか、VPNサーバーから希望サーバーを選択します。

STEP
VPN接続が完了

VPNへの接続が完了すると緑色のボタンに変わります。

以下は、自動接続で東京のサーバーに接続した場合の例です。

IPは、元々割り当てられている本来のIPアドレス、VPN IPは、VPN接続で割り当てられた仮想IPアドレスです。

専用アプリのカスタマイズ方法

プロトコルやネットワークのカスタマイズは、専用アプリの「設定」メニューから行います。

以下に、代表的な機能のカスタマイズ方法を紹介します。

利用しているデバイスによって、画面構成やカスタマイズできる内容が一部異なります。

VPNプロトコルを変更する

VPNプロトコルは、暗号化や認証、トンネリングをどのような手順で行うかを定めたもので、Private Internet Accessでは、OpenVPNWireGuardが利用できます。

iPhoneなどのモバイルデバイスでは、IKEv2も選択可能です。

キルスイッチを有効にする

キルスイッチは、何らかの理由でVPNが切断されたときに、インターネット接続をブロックする機能です。

有効にすることで、予期せぬデータ漏洩を防ぐことができます。

広告ブロックを有効にする

MACE機能を使うことで、デスクトップおよびAndroidのDNSレベルで広告、トラッカー、悪質なサイトをブロックできます。

接続を自動化する

特定のネットワークに接続したときに、VPNに自動接続するかどうかを設定できます。

設定するには、自動接続を有効にし、自動化ルールを作成します。

マルチホップを有効にする

マルチホップ機能を使うと、2つの異なるVPNサーバーを経由して接続することで、トラッキング(追跡)をより難しくします。

スプリットトンネルを有効にする

スプリットトンネルを使うと、VPNを経由するアプリと、経由しないアプリを自由に選択できます。

利用するには、スプリットトンネル機能を有効にし、個別設定するアプリケーションを選択します。

PIA VPNを実際に使ってみた感想

使用感

洗練されたインターフェース

Private Internet Accessの専用アプリは、インターフェースが洗練されており、とても使いやすい印象です。

ワンタッチでVPN接続が可能で、豊富なサーバーから希望のサーバーを選択することも容易です。

接続がスムーズで安定している

他のVPNと比べ、接続がスムーズで待ち時間もほとんどありません。

また、VPN接続後も通信が安定しており、途中で切断されることもほとんどありません。

現在のところ、ストレスなくVPNが利用できています。

通信速度の低下がほとんどない

一般的にVPNを利用すると、通信速度が若干低下するとされています。

しかし、Private Internet AccessでVPNに接続した場合、体感的な速度低下はもちろん、スピードテストを行なっても顕著な速度低下はありませんでした。

何度か計測しましたが、VPN接続の方が速くなるケースがほとんどでした。

以下は、VPN接続なしの場合と、日本(東京)、米国(シリコンバレー)のサーバーに接続した場合の、それぞれのスピードテスト結果です。

スピードテストの実施条件
  • 利用サイト:SPEED TEST
  • 使用デバイス:MacOS11.7.10
  • 使用ブラウザ:Chrome バージョン 121.0.6167.184
  • 実施日時:2024年2月21日 AM
スピードテスト結果(VPN接続なし)
スピードテスト結果(VPN接続なし)
スピードテスト結果(東京)
スピードテスト結果(東京)
スピードテスト結果(シリコンバレー)
スピードテスト結果(シリコンバレー)

もちろんスピードテストの結果は、利用環境や実施時間などの条件に大きく影響されるため、この結果がすべてではありません。

設定がやや難しい

専用アプリは機能が豊富な反面、はじめてVPNを利用する人にとってはやや設定が難しい印象です。

しかし、各設定項目には日本語によるガイドもあるため、一度理解すれば戸惑うこともないでしょう。

PIA VPNの個人評価

Private Internet Accessを実際に使ってみた個人的評価は以下のとおりです。

信頼性
安全性
利便性
価格
サポート
Private Internet Accessの個人評価

プライバシー保護の信頼性や、リーズナブルな価格設定は申し分ありませんが、カスタマサポートが日本語に対応していない点など、サポート面での不安が残ります。
また、利用スタイルにあわせて設定をカスタマイズできるのは、高評価のポイントです。
これらを総合的に勘案すると、Private Internet Accessは、業界トップクラスのVPNサービスといえるでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、Private Internet Accessのサービスの特徴や基本的な使い方、カスタマイズ方法を紹介しました。

Private Internet Accessは、とくにプライバシー保護に重点を置くユーザーにおすすめのVPNです。

オープンソースの高い透明性で、インターネット利用時のプライバシーや匿名性を強力に保護してくれます。

リーズナブルな価格で利用できるPrivate Internet Accessなら財布にもやさしく、エントリーユーザーの方でも安心して快適なネットライフをお楽しみいただけるでしょう。

\30日間の返金保証で安心/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次